受付・フロアスタッフ

AREA-Do 三田ボウリングセンター


雇用形態パート・アルバイト
募集職種ボウリング場フロントスタッフ
仕事内容■受付、電話・会計対応などのフロント業務
■フロア清掃
■イベント・大会時の運営・サポート
■レーンのトラブル対応

★インストラクターが在籍しているので、ボウリングの知識がなくてもOK!
★難しい機械操作などもありません。
給与時給900円~ (昇給あり)
22時以降は時給1,125円
★土日祝は時給50円UP!
勤務時間週1日~、1日3時間~OK!(土日祝のみもOK!)
■9:00~翌1:30 の間で1日3時間~
※上記時間帯にて相談に応じます。
定休日なし
勤務地Area-Do SANDA 三田ボウリングセンター
〒651-1511
兵庫県神戸市北区長尾町宅町1937-10
■車通勤可
待遇■制服貸与
■交通費一部支給
■まかない有(1Fカフェ鎌倉利用)
■ボウリングゲーム料金無料!
■希望者にマイボールプレゼント!
成長できること★自分で考え、動く力を身に付ける
「より良くするには、どうしたらいいか」をそれぞれが自分で考え実践することで、個性を存分に発揮しながらのびのびと仕事ができる環境づくりを心掛けています。

★自分らしいコミュニケーション力
老若男女に人気のボウリング場。様々な世代の方と接する機会はこのお仕事ならでは。どの仕事にも通用する自分らしいコミュニケーション力を育てることができます。

★ボウリングが上達します!
AERA-Doでは、定期的に大会なども行っており、プロ選手もご来店して頂ける他、入社後上達したスタッフも多く、練習するにはぴったりの環境。
働きながら趣味やスポーツとしてもボウリングを楽しんで頂けます!
採用予定人数若干名
採用担当者満尾
選考プロセス【1】「三田の仕事」の応募フォームから送信

【2】3日以内に採用担当者から連絡いたします。

【3】面接

≪面接地≫
AREA-Do SANDA 三田ボウリングセンター
〒651-1511
兵庫県神戸市北区長尾町宅町1937-10
株式会社AREA-Do

※応募の情報は秘密厳守いたします。
事業者名株式会社AREA-Do
★「健康経営優良法人(中小規模法人部門)2018」 認定企業
http://area-do-sanda.com/

この求人に応募する

以下のフォームを入力し、送信すると3日以内に「AREA-Do 三田ボウリングセンター」の採用担当者から連絡が届きます。

名前
ふりがな
性別
生年月日
電話番号
メールアドレス

ボタンを押すと採用担当者に送信されます

ボウリングが苦手な方も働いている、Area-Doで働く3つのメリット。


三木市出身。24歳。元野球部。高校と大学を九州で過ごし帰省。社長の人柄の良さで就職を決めた。

社員としての仕事は現場責任者。社長からこういうのしたいけど現場で実施できるか、というような話し合いを現場の風景等も伝えながら決めていきます。

社長がアルバイトに直接、イベント等の準備を任せたりすることもあるのだそう。

例えば絵を描くのが好きな人にAREA-Doのキャラクターを描いてもらったり、習字が得意な人に「謹賀新年」の字を書いてもらったり。普通であれば社員が段取りして行うことも、バイトの子に「失敗してもいいからとりあえずやってみろ」と。

「なんかあれば言ってこい。お金や費用で難しい面があればどうにか協力する」といった姿勢で支えてくれるそうです。

「だからこそやりがいもあるし、楽しいし、ちょっとしんどい時もあるんですけどそれも全部いい勉強になります」と寺岡さんは語って下さいました。

― 大変なことはありますか?

「しいて言うなら覚えることが多いかもしれません。受付と精算だけ、フロント業務だけ覚えればいいというわけではない。でも覚えてしまえば簡単です」初めてのこともメモして覚えることが大切。

「とりあえずやってみて、失敗して学ぶこともあるので、積極的に自分からお客様の対応をして仕事を覚えていきました」

「新しいスタッフにもどんどんお客さんの対応をするように教えます。お客様も優しい人が多く『お、新人か』で仲良くなれることもあるので恐れる必要はないです」

― どのように働いていきたいですか?

「今までどおり、ヒトとヒトとの関わりはそのまま大事にしたいですね。落ち込む人がいたらすぐに相談もできるように。あとはみんながいろんな案を出してくれて、毎日イベントがあるような。そして一般のお客さんももっと来てくれて、今まで以上に楽しくできたらなと思います」

インタビューを通して寺岡さんからはまだまだイキイキと仕事ができる余地があるという未来への力強さを感じました。

個性と協調性が大事

「仕事はコミュニケーションが一番じゃないですか、どんな仕事にもコミュニケーションがない仕事はないんですよ。ここで働いた人にはコミュニケーションというのを何らかの形で身に着けてもらいたいなと」

そう語る、人情溢れる笑顔が素敵な満尾社長にお話をお伺いしました。

野球一筋。阪神の入団テストに合格するほどの実力だが、訳あって就職することに。

「お客様を大事にしましょう、声をかけましょうとは言うけど、どうやって声を掛けるかは個性に任せます」

AREA-Doにマニュアルはなし。「こっちがのびのびしていないとお客様ものびのびできない」という個性を大事にする方針をお持ちです。

実は正月の売上は2年連続兵庫県1位。(1レーンあたりの単価)。連日のように賑わうボウリング場に成長。

そんな満尾社長、面接はすべてご自身で行っているそう。

「必要なのは個性と協調性。過去の履歴書はあんまり見ないです。ここでどんな活躍をしてくれるかが大事です」

「採用されなくても、辞めた人でも、出会った以上は基本的にはご縁があったから。いつでもまた笑顔で会えるように、人間関係として保っておきたいなと常に思っています」

いじめも徹底的に許しておらず「悪口を言うやつには悪口を言うやつが集まる。スタッフ間の人間関係に気を使っている時間があるならお客様に時間を使いましょう」と言い聞かせているのだそう。

そんな「人好きな」性格はスタッフからも慕われています。「社長が満尾社長じゃなかったら続いてなかった」という声を聞くほど。スタッフの方々と笑顔で言葉を交わす姿には厚い信頼感のようなものも垣間見れました。

地域実践=AREA-Do

AREA-Doはボウリング用品の大手総合代理店株式会社サンブリッジ系列のボウリング場。

同社の副社長でもある満尾社長が、三田を調べるうちに「様々な人たちが地域を盛り上げようとしているのが面白い」と思い始め、「地域で実践する」という意味を込めて「AREA-Do」を設立しました。

多くの人にボウリングを楽しんでもらい、その収益をサービスを通してボウラーや地域に還元する。いわば、この地域でサービスや生活需要というものが循環するボウリングセンター。「地域実践の思いにブレは全くないんです」と強く熱く語っていただきました。

個性を引き出すコツ

最後に、こんなに熱くヒトや地域を見て盛り上げる活動をする満尾社長に、相手の個性を引き出すコツを教えて頂きました。

「まずは自分自身がかしこまらないこと。自分をさらけ出すこと。向こうがさらけ出しやすい状況を作ること」と教えて頂きました。

満尾社長はいつも面接で「緊張しとう?」と声をかけるそう。ほとんどの人が緊張してますと答える。でもそれで全然いいのだそう。目的は緊張をほぐすことだからありのままの自然体で臨めばいいとのこと。

こんな茶目っ気たっぷりでヒト想いな社長とともに新たなボウリングセンターの未来を一緒に作っていきませんか?


ご応募の流れについて

「応募フォーム」を送信しますと「三田の仕事」から応募受付完了メールが配信されます。メールアドレスが間違っていると、メールが届きません。入力後メールアドレスが正しいことを確認して下さい。

ご応募より3営業日以内に応募先の採用担当者より、メールまたは電話にて直接ご連絡させていただきます。

応募に関するご質問・ご相談につきましては、直接応募先へご連絡頂きますようお願い致します。